まつやま文具マルシェに行ってみました

>

11月2日、3日(文具の日)に松山市の銀天街でまつやま文具マルシェが催されました。この企画は
全国的には石丸文行堂(長崎)タケダ事務機(京都)アサヒ商会(群馬)などが開催しており、他県に
広まっておりますが、四国では初の開催となりました。主催はまつやま文具マルシェ実行委員会(松山
アーバンデザインセンター、三浦屋文具店、北四国商事)で参加企業はコクヨ、パイロット、三菱鉛筆、
ゼブラ、キングジムなど16社、また商店街内の数店の協力を得て運営されました。

3日のお昼ごろ松山に到着し、早速文具マルシェ視察へ。高島屋方面から銀天街を歩くこと数分でまず
シャチハタのOSMOに数名の行列を発見しました。OSMOはタッチパネル操作で手軽にオリジナルスタンプが
作れることから、当日人が絶えることなく人気のスポットになっておりました。その後そこからほど近くの
松山銀天街きらりんに着きました。1階玄関には大型のプニラボやインスタ映え用のホッチキスの大型プレ
ートなどが並び、文具好きの方が見れば入店したくなる仕掛けが満載。またゼブラのサラサセレクト
イベントの案内板もお客様の目に留まるオレンジ色で通行客を呼び込んでいました。

2階の会場では各メーカーが是非お客様に手に取って、触れて、試してもらいたいイチオシ商品を並べ
展示販売していました。コクヨではドットライナー、サクサの2品目、リヒトラブはプニラボ、キョク
トウは学習帳など各社が幅広い層にまでアピールできる品揃えでお客様と接しておりました。また当日
実施のスタンプラリーの景品交換所も設置されてました。

リヒトラブの展示ブース

コクヨブースにあったドットライナーで帽子を作るワークショップコーナー

続いて松山アーバンデザインセンターで行われておりましたワークショップの見学へ。ちょうど着いた
ときにはサクラクレパスさんがクレパスを作ろう!のワークショップ中でした。土曜日ということで親子
での参加が8組。当日3回開催すべて予約で埋まったそうです。参加費は200円。クレパスのできる
までを詳しく説明し体験してもらう楽しいイベントです。また入り口にはクレタケのオリジナル筆ペンを
作ろう!コーナーがあり参加費200円で5色のインクから好きな色を選び筆ペンを作る工程を体験し
ながらオリジナル筆ペン作りに多くの参加が得られたそうです。


出来栄えを見せていただきました

その他のワークショップはキングジムのガーリーテプラでしおり作り、コクヨのキャンパスノートをデコっ
ちゃおう!などの無料イベントも行われました。
またワークショップの向かいのみんなのひろばでは、ぺんてる巨大らくがきハウスが設置され、2日の開催
でしたが落書きイベントもあり、きれいに仕上がってました。

今回、多くの参加を得た文具マルシェを見学し、是非高松の商店街でも文具を楽しんでもらうイベントが
できればなあと深く感じました。実行委員会の方、お疲れ様でした。いいものを見せていただきました。

By